YOSA&TAARへ3つの質問



今回は4/24付カレッジチャートで1位に輝いたYOSA&TAARさんに3つの質問を答えていただきました!


◇3つの質問


Q 音楽活動を始めたタイミングやきっかけを教えてください。


YOSA

ロンドンに留学していた高校時代、隣の部屋に住んでいたアフロにMadlibのShades of Blueを聴かせられてDJに興味を持ちました。


TAAR

家族の影響でDJを始めました



Q 影響を受けているアーティストの方を教えてください。


YOSA

アーティストというより、曲単位で影響を受けることが多いです。ここ最近のベストはJamie XXのLet's do it Again。去年だとQrionのProud。


Jamie XX


Qrion


TAAR

最近は音楽以外からインスピレーションを受けることが多くなりました。アンドレアスグルスキーの写真やソールライターの写真好きで制作の合間によく見てます。最近のダンスミュージックのプロデューサーだとCrackazat、Kaytranada、Cabuをよく聴いてます。ポップスだとConer Albert


アンドレアスグルスキーと彼の作品


Crackazat


Coner Albert



Q チャートインした楽曲「Liquid Girl」で注目してほしい部分やこだわりを教えてください。


YOSA

ボーカルの太郎の自由自在なフロウ。あとはやっぱりロックスピリット溢れる大サビ。この部分はロックバンドのボーカルじゃないと思いつかないですね。何度聴いてもここで鳥肌が立ちます!


TAAR

今まで自分が携わった作品の中で一番、メッセージや熱量を 細部まで描写できたと思います。目を閉じてゆっくり味わって頂ければ嬉しいです。





◇Release



「Liquid Girl」/ YOSA&TAAR, Taro abe, KenT

シングル

リリース日:03/16

レーベル:PARK


◇Profile

YOSA & TAAR


DJ/プロデューサーとして活動するYOSAとTAARによる共同プロジェクト。渋谷SOUND

MUSEUM VISIONで開催されている人気パーティー“MODERN DISCO”で共にレジデント

を務め、ハウス~ディスコの新しいムーブメントを作るべくユニットとしての活動を開始。


2018年8月、ユニットとして始動後、初の作品となる第一弾シングル「Slave of Love ft. 向

井太一&MINMI」をリリース。異色の強力タッグを迎えつつも2人が提唱する“新世代のディスコ・ハウス”を体現した楽曲となり各所で話題を集めた。11月にはSIRUPを客演に迎えた第二弾シングル「Fever ft. SIRUP」を発表。SIRUPが紡ぐエモーショナルな歌声と2ステップ調のビートが心地よくミックスされたダンスチューンでさらに注目度を高めた。2019年春に上述の2曲に加え、eill、AttractionsのボーカリストTaro、SNEEEZE、踊Foot Worksを客演に迎えた楽曲を含む1stフル・アルバム『Modern Disco Tours』をリリース。


Twitter

YOSA:https://twitter.com/yosa_tokyo

TAAR:https://twitter.com/TAAR88


Instagram

TAAR:https://www.instagram.com/taar88/


◇告知情報


5/28に、横浜の赤レンガで開催される、Green Room Festival 2022にYOSA&TAARで出演します。


毎月第三火曜日21時〜 から、blockFMにて番組やってます、こちらもぜひ聞いてください。

 

📻毎週第4土日はラジオの日📻


〇LOVEFM毎週土曜13:00~15:00「HOT20」

毎月第4土曜福岡アーティストに特化したチャートTOP3を発表🔥🎊


〇LOVEFM毎週日曜11:00~13:00「POPTAPE」

毎月第4日曜ベストチャート発表&メンバー生出演📼⚡


スタッフ募集中!ご連絡はメール、各種SNSまで📩 ↓SNS、プレイリストフォローお願いします! https://linktr.ee/CRJAFUKUOKA